先輩社員メッセージ(天白工業)

「何かお役にたてることはないだろうか」と常に考えています
「何かお役にたてることはないだろうか」と
常に考えています

興和運輸で働くことになったきっかけは?

私は以前に事務をしていた経験もあり、もう一度事務職として働けるところを探していくつかの求人情報で迷っていました。そんな時に「興和運輸の求人に応募してみたら」と背中をおしてくれた方がいたのがきっかけです。

仕事で気をつけていることは何ですか?

日々の作業内容の報告や納品書等、数字を取り扱うことが多いので間違えのないように気をつけています。また、各方面より電話がかかってきますので、元気よく対応し、良い関係作りを目指しています。

仕事でやりがい・面白さを感じるのは、どんな時ですか?

入荷した製品はパート作業者さんたちが検査仕上げをして完成します。その製品の納品書など作成し、出荷が期日内にスムーズにできた時、達成感を感じます。また、お客様より問い合わせの電話が入った際、すぐ対応できた時にやりがいを感じます。

仕事をやっていて、どんな時に辛いと感じますか?

短納期の仕事がとびこんできた際、製品を運んでくださるトラックが到着したがまだ出荷準備ができていない時です。出荷準備に追われることと、ドライバーさんを待たせていることに申し訳なさを感じます。

今までに思い出に残っている仕事(興和運輸だから経験できた仕事)は何ですか?

入社したばかりの時、製品について何もわからず上司に「これは何ですか?」と質問をした際、「電柱を見てごらん、たくさん当社で扱っている製品があるよ」と教えていただいたことです。日ごろ歩いている時に今まで気にもとめなかった電柱をジロジロと見ることが多くなり、あれもこれも取り扱っている製品だと興味を持つようになりました。天白工業に配属されたからこそ知ることができたと思います。

これからの目標、将来の夢・ビジョンは?

今の私は、上司やパート作業者さん達に教わり助けていただいております。まだまだやらなければいけないこと、覚えていかなければいけないことが多々あります。「何かお役にたてることはないだろうか」と常に考え、何事にもスムーズに処理ができるように努力しています。また、工場内も改装され新しくなりましたので、今まで以上に「笑顔あふれる明るい職場」「活気ある職場」にすることが目標です。


Menu